「愛情ホルモン」で運気アップ!

婚活カウンセラーが、つれづれなるままに日々思っている事を書き記したブログです。

 

2020年5月27日

幸せは、ちゃんと自分に返ってくる

 

「愛情ホルモン」って、聞いた事ありますか?

別名「幸せホルモン」「絆ホルモン」とも呼ばれ、メディアにもたまに取り上げられるこの物質の正式名称は「オキシトシン」といいます。

 

妊娠や出産時にこの「オキシトシン」は大量に分泌されることで母性が育てられ、同時に我が子にも愛情が注がれることにより絆が深まることは広く知られていました。しかし近年の研究により、「オキシトシン」は年齢、性別、環境に関係なく、誰にでも分泌できることが証明されています。

 

では、「オキシトシン」が分泌されると、その人にはどんな素晴らしい現象が起こるのでしょうか!?

 

▼愛情ホルモン「オキシトシン」が分泌されると…

 

・幸福感に包まれた気持ちになる

・人との信頼関係をより良いものにしたいという気持ちになる

・人とより深い交わりを持ちたくなる

・ストレスが緩和される

・恐怖心が軽減される

 ほかにも、学習意欲・記憶力・心臓機能・感染防止能力の向上など…

 

ポジティブな気持ちになって、内面からキレイに輝くとはまさにこの事です。

愛情ホルモンが身体から分泌されると、こんなに素敵なことが沢山あると分かったら、特に婚活中の方は自分の中でたくさん増えてほしい!と思いませんか?

 

ちなみに「オキシトシン」が不足すると…

・「どうせパーティーやお見合いをしても、全然ピンとこない」

・「本当にあの人でいいのかしら?」

・「もう婚活に疲れた…」

…なんて、無駄なストレスと、「負のこじらせスパイラル」に陥ってしまう危険が!

 

そうならないために、これからは愛情ホルモンを味方に、新しい出会いにも前向きに、明るく社交的、愛され上手で魅力的な女性(男性)になりましょう!

 

 

では、愛情ホルモン「オキシトシン」は、どうやって増やせば良いのでしょう?

実は、とっても簡単だけれど効果的な方法があるんです!それは、

 

人に親切にしたり、相手に言葉で感謝の気持ちを表すこと。

 

日常の、ほんの小さな事で良いんです。

たとえば、

・スーパーでお買い物をしたら、レジの方に最後「ありがとう」と声をかけてみる。

・レストランを去る時に「ごちそうさま、とても美味しかったです」とほほ笑んでみる。

・宅配の方から荷物を受け取る時は「いつもありがとうございます」とねぎらってみる。

 

あなたには、こんな経験はありませんか?

バスや電車でお年寄りが立っていたのを見かけて、たまたま席を譲ったという経験。

その時に、相手からの「ありがとう」の言葉を受け取った時の、照れ臭いような嬉しいような気持ち。ちょっとくすぐったくて、でも心がほんのりと温かく、ふわっと膨らんだような気持ちになったりしますよね。

 

その時、あなたの身体から「オキシトシン」が大量に分泌されいるんですよ。

 

現代になっても、人は結局ひとりでは生きてゆけない生き物です。

太古から、人間は他者との繋がりを持つべきだと身体にインプットされているのですから。

 

愛情ホルモン「オキシトシン」は、あなたにこう言っているみたいです。

あなたが誰かを幸せにしてあげたら、あなたにも幸せがちゃんと返ってくるんだよ、と。

 

幸せな人生とは、あなたが動いて周りを幸せにすることです。

自分だけが高みに行くという考えの方の人は、一時的な満足しか得ることができません。

 

サンマリー東京は、本当のあなたの幸せは何かを追求します。

蜂巣直子

 

営業時間

※不定休

◆ 月曜日:10:00~20:00

◆ 火曜日:10:00~20:00

◆ 水曜日:10:00~20:00

◆ 木曜日:10:00~20:00

◆ 金曜日:10:00~20:00

◆ 土曜日:10:00~20:00

◆ 日曜日:10:00~20:00

ご予約はお電話・メールにて

070-1276-0909

面談中などお電話が繋がりにくい場合がございますのでご了承ください。メールは24時間受け付けております。