年下女性を狙う男性は、この法則を知っておけ!

2021年2月更新しました

年下女性はお好きですか?

男性は、年齢を重ねるごとに年下女性を狙う傾向があります。
結婚相談所の成婚データにも、それはもうハッキリと数字で出ているので、これはもう仕方のない現象なんだなー、なんて改めて思っている今日この頃です。

 

ここでは、現実的にあなたよりいくつ年下の女性を狙えるか?具体的な数字を算出する方法を説明したいと思います!

 

さて、男性のみなさんはこんな経験ありませんか?

思えば若い30代前半の頃は2~3歳年下の女性を狙っていたけれど、40代、50代となり、10~15歳年下の女性をを狙っていた、という事って。

これはマッチングアプリでも結婚相談所でも、とにかく男女の出会いではとかく当てはまるのですが、残念ながらこの歳の差は非常にマッチングしずらい。

 

なぜなら、女性はどの世代でも「同世代」を求める傾向が強いからです。

理由としては「子供が欲しいから」「男性より女性の方が長く生きるから、あまり年上だと別れも早いと思う」「若い世代の方が家事を率先してくれると思う」と色々あります。

 

では、自分よりいくつ年下の女性なら申込みをしてOKが出やすいのか?そしてお付き合いまで発展しやすいのでしょうか?

 

その年下を狙える基準のひとつはズバリ、あなた(男性)の年収です。

 

■■あなたの年収÷100万=あなたが狙える女性との最大の歳の差■■

 

年収は今の時代、「生活の安定」や「豊かさ」の象徴です。

 

自分よりもかなりの年上でも、安心を担保してくれる男性であれば歳の差という障害は乗り越えられると女性も感じているのです。

 

 

えばあなたが38歳で、年収が400万であれば、狙える女性の下限は38-4=34歳。

つまり34歳までの女性であれば、お付き合いできる確率が高い、という事になります。

 

ちなみに付加価値として、お医者さんや弁護士、公務員など、より安定感のある職業は、更に2~3歳年下を狙えます。ほかにも人気職業もありますので、こちらもご参考まで。

 

(コラム「結婚できる男性とは?人気職業ランキング|最新版」

(コラム「なぜ東京の男性はマッチングアプリではなく結婚相談所で婚活すべきなのか?」

 

他にも付加価値はあります。

背が高い(174cm以上)、スタイルや顔が良い、といった情報は女性からウケる要素なので、更に2~3歳年下を狙えそうです。

 

 

...いかがでしょうか?

今回は女性のプロフィールだけで申込みをしなければならない状況下での、あなたが見込める女性の年齢についてご説明をしました。

この法則はあくまでも目安であり、絶対!というわけではありません。


ですが、男性の方々には、ぜひこの法則を頭の片隅に留めていただき、あなたに相応しい女性にアプローチしてもらえばと願っています(⌒∇⌒)。

 

あなたの素敵な出会いを応援しております!

詳細はこちらへ
上級心理カウンセラーのいる結婚相談所

サンマリー東京は全会員お見合い100%の実績

営業時間

※不定休

◆ 月曜日:10:00~20:00

◆ 火曜日:10:00~20:00

◆ 水曜日:10:00~20:00

◆ 木曜日:10:00~20:00

◆ 金曜日:10:00~20:00

◆ 土曜日:10:00~20:00

◆ 日曜日:10:00~20:00

ご予約はお電話・メールにて

070-1276-0909

面談中などお電話が繋がりにくい場合がございますのでご了承ください。メールは24時間受け付けております。